トップ

結婚祝いに高級食材

結婚祝いの渡し方とタイミング

いつでどのように渡せばいいのか

同僚の結婚が決まったら、結婚祝いとして何か贈り物をすることになります。しかし、これまでそういった機会があまりなかった人にとっては、どのタイミングで贈り物を渡せばいいのかよく分からないという人も多いでしょう。正しいマナーを知っておかないと、恥をかいてしまうかも知れません。

まず、結婚祝いを渡す時期に関しては、結納が済んでから結婚式までの間に手渡すのが一般的です。早い場合で結婚式の2ヶ月前、遅くても1週間前くらいのタイミングで渡すのが望ましいでしょう。渡し方は、相手の自宅を訪問して手渡すのがマナーで、訪問する日は大安の日を選ぶのが良いです。先勝の日の午前中でもいいでしょう。

直接訪問して手渡すことが難しい場合には、配送を利用することになりますが、その際にも大安の日や先勝の日の午前中に日時指定をしておくのが望ましいです。

相手が同僚の場合には、職場で手渡そうと考えている人もいるかと思います。それでも問題ありませんが、他の同僚など大勢の人が見ている前で手渡すのは避けましょう。まだプレゼントを贈っていない同僚もいることを考慮し、周りにあまり人がいないときを狙って渡すようにするのが無難です。また、結婚式当日に手渡すことも避けた方がいいでしょう。荷物が増えてしまうためです。

そして、結婚祝いのプレゼントを包装する熨斗は10本の水引で結んだ「結び切り」の熨斗紙を使います。「結び切り」は一度結ぶとほどけません。そのため、結婚祝いにピッタリなのです。そして、自分の名前を筆ペンで書きます。

商品券などの場合には熨斗袋を使用しますが、その際には「御結婚御祝」や「御歓び」などのお祝いを意味する言葉を記入します。この際に3文字か5文字の言葉を選ぶようにしましょう。4文字になると縁起が悪くなってしまうため注意が必要です。